婚活ブログBlog

婚活全般

病気を乗り越え・・・

病気を乗り越え・・・

IBJ(日本相談所連盟)の定例会がありました。

6月総会→テーマ「結婚相談所っていいよね」で、大会があります。

この定例会では、5人の相談所がこのテーマで発表しました。この中から、関西支部代表がきまります。

申し出た相談所が2相談所。連盟からたのまれたのは、やはり相談所歴の長い3相談所さんです。

①遠距離恋愛を、女性の情熱でのりきった、45歳女性と46歳男性のカップル。

「近いほうが、いいよね」という思い込みを、嬉しく期待はずれにさせてくれた女性の情熱

②ぽっちゃり(90キロ)で、髪はぼさぼさ、眼鏡でオタクな34歳男性と29歳女性。

女性のお母さんに大反対されたのを、2人で乗り越え、彼の男としての成長を目の当たりにした感動を語っていらっしゃいました。

③40代後半の在籍15年の男性。1流大学出の公務員身長も高く、決まる条件なのに、相手への希望が高すぎて活動が長引いたそうです。

その彼が、脳腫瘍で手術され、お見舞いに言って涙。

術後、あれほど、女性の容姿に、拘り、上から目線だった彼が、すっかりかわり、病気を理解してくれる優しいひとならと、考えが改まりました。

でも、大病をして、再発の恐れもあるという、苦しい婚活のなか、12歳年下のぽっちゃりの優しい女性とめでたくゴールインで涙。

最近、無事子供さんにもめぐまれ、病気も再発せず、その3人家族に偶然出会い、5歳の女の子と手をしっかり握ったその嬉しさに涙。

この話には、今も声を詰まらせる先生(相談所では、昔どおり、仲人の先生と呼び合ってます)に、1同もらい泣き。

確かに、大手情報サービス時代にも、がんや、脳溢血、半身不随という会員さんが結婚の決まるのを、経験しました。

難しいと思うのですが、意外にきまります。

こちらの気持ちの底に選んでくれてありがとうの思いがあるからでしょうか?

この男性、15年も活動し大病しないとまともな考えにならなかったのは、痛かったですね。

神さまが、いたずらしてくれたのかもしれません。

④恥ずかしがり屋で自信のない31歳女性。

自信のなさから諦めかけたところを、じっくり話をきき、「ここで、諦めたら彼女は1生結婚から遠ざかってしまう。」という思いから、2週間の休憩を提案し、無事結婚にこぎつけ、仲人冥利につきると感じたはなし。

⑤見合してもすぐ断る42歳女性が、IBJのパーテイでであった再再婚の18歳上の2人の子持ちの男性と意気投合し、結婚に慎重な男性と真剣交際4か月で分かったステージ2のがん(男性の)を乗り越えゴールイン。

5つの話のなかに、病気を乗り越えた話が3つ。

愛は強し。

また、結婚のよさは、弱ってみてわかる、また、相談所の先生も、会員さんも(15年もかかったひともいるにしろ)活動を通して成長されていくところが本当に、「相談所っていいよね」

詰まるところ「人間っていいよね」に行きつくのかもしれません。

涙、涙の定例会でした。

あなたにオススメの婚活ブログ

いきずまったら、なにかを変えてみる

いきずまったら、なにかを変えてみる

 
婚活しようとして、気になる人が現れた場合。

婚活しようとして、気になる人が現れた場合。

 
登録からお見合まで

登録からお見合まで

 
お見合当日の注意点⇒男性編

お見合当日の注意点⇒男性編

 
兵庫県の結婚相談所【エンサポート尼崎】合コン開催の顛末

兵庫県の結婚相談所【エンサポート尼崎】合コン開催の顛末

 
令和ご成婚 第一号のご報告!!

令和ご成婚 第一号のご報告!!

 

カテゴリ別婚活ブログ

space
space
お問合わせ 無料ご相談ご予約 LINEで相談
トップページへ