婚活ブログBlog

男の婚活

男の婚活物語⇒水島 栄悟(仮名)31歳大学教員の場合

男の婚活物語⇒水島 栄悟(仮名)31歳大学教員の場合

関東の某国立大を、卒業した栄悟が、結婚相談所に登録したのは、31歳のときである。

理由は、翌年の、アメリカ留学が決まっていたからだ。

勤務先の京都大学には、理系だし、女性が勿論少ない。しかも、教員だし、合コンもない。

2年留学する前に結婚しておきたかった。

同級生は、急に結婚したものも多かった。

帰国してからだと、34歳になってしまう。

いくらなんでも、遅すぎると思った。

 

栄悟の出身は、愛知県。大学は、関東で、関西に勤務して、数年がたっていた。

栄悟は、2~3年前から、頭髪が、一気に後退して、歳よりはだいぶ老けてみえた。

彼女のいないのは、そのせいもあると思っていた。

それも、相談所に登録した理由の1つでもある。

誕生日1月前の、4月に登録し、これといった出会いもないまま、(というより、断わられ続けて)瑞樹にであったのは、11月だった。

瑞樹も、小学校教諭をしていて、大柄、どちらかというと太っていて、眼鏡をかけていて、25歳には、見えなかった。

でも、眼鏡を取った顔は、幼く、考えかたも素直でかわいかった。

遊園地や、京都を、案内してデートしたのも、彼女は、子供のように、無邪気でかわいかった。

「可愛いし素直だし、2人でいると本当に楽しい。」

4月には、渡米が決まっていることもあって、1月にプロポーズしたときは、正直、受けてもらえる自信は、全然なかった。

「やっとなれた、職場で一生働くつもりでいる彼女が付いてきてくれるだろうか?

急いで、返事しなくてもいいけど、もう、いろんな準備をしないといけないので、答えを聞かせてほしい。できれば、結婚してニューヨークについてきてほしい」といった。

瑞樹は、「相談所の担当者に相談してみる。」といった。

3日ほどして、電話がかかってきた。

彼女のこたえは、「イェス」だった。「なんて相談したの?」

「プロポーズされて、ニューヨークについてきてほしいといわれた。」と彼女が、担当員にいったら、

『で、瑞樹ちゃんは、彼のことどう思ってるの?』と担当者。

瑞樹は、「この人を逃したら、もう、結婚はないと思う」と答えたらしい。

『相談の必要ないやん』といわれたらしい。

担当者のアドバイス通りに親に話たら、意外なことに(母親には、早いと反対されるのじゃないかと心配していた。)大喜びされたらしい。

両家の親に挨拶にいき、両家の意外な共通点に不思議な縁を感じた。

とんとん拍子に話はきまり、自分だけ4月に渡米し、6月に帰国して、郷里の熱田神宮で挙式し、瑞樹は、運転免許をとって8月に渡米し、9月から、ニューヨークで、学校に通うとともにニューヨークで新婚生活は、スタートした。

学期末の時点で、瑞樹は小学校を退職しやめるつもりは、なかったようだが、英語を勉強し帰国後、再就職することにした。

瑞樹は出会う9月に相談所に登録する時に、「仕事は続けたいし、語学留学したい。でも、つきあったことないので、登録するが、であって、2年待ってくれる人探せますか?」と担当者に聞いたらしい。

担当者は『そんな人いません。でも、25でつきあったことないは、いいにしても、35でつきあったことないは、引かれるよ。今やったほうがいい』と勧められて、勢いで登録したそうだ。

結婚の報告にいったら、「結婚も、留学も大きな夢が2つかなったね。こんな奇跡は初めてよ。」とよろこばれたらしい。

瑞樹の背中を押してくれた担当者には、感謝してもしきれない。

恩返しは、2人がいつまでも仲良くしあわせになることだと思っている。

あなたにオススメの婚活ブログ

男の婚活のコツ・・・本気をだして!!

男の婚活のコツ・・・本気をだして!!

 
モテない男性はどうしたらもてるのか?

モテない男性はどうしたらもてるのか?

 
男の婚活⇒三原 啓之(仮名)電機量販店社員 31歳の場合

男の婚活⇒三原 啓之(仮名)電機量販店社員 31歳の場合

 
男の婚活物語⇒田村秀樹(仮名)40歳 製造業の場合

男の婚活物語⇒田村秀樹(仮名)40歳 製造業の場合

 
婚活に成功するラインのコツ

婚活に成功するラインのコツ

 
男の婚活物語⇒立花 崇(仮名)株式会社K鉄工所勤務37歳の場合

男の婚活物語⇒立花 崇(仮名)株式会社K鉄工所勤務37歳の場合

 

カテゴリ別婚活ブログ

space
space
お問合わせ 無料ご相談ご予約 LINEで相談
トップページへ